1. HOME
  2. NEWS
  3. エアロネクスト、「JAXA 航空イノベーションチャレンジ 2020」に採択

NEWS

お知らせ

プレスリリース

エアロネクスト、「JAXA 航空イノベーションチャレンジ 2020」に採択

次世代ドローンの株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区、代表取締役CEO:田路 圭輔、以下エアロネクスト)は、「JAXA 航空イノベーションチャレンジ 2020 powered by DBJ」において、研究テーマ「マルチコプターにおける重心位置の変化が機体特性に与える影響の調査」が採択されましたので、お知らせいたします。(「JAXA航空イノベーションチャレンジ 2020 powered by DBJ」の選考結果の詳細はこちらhttp://www.aero.jaxa.jp/public-invitation/challenge/2020-challenge-dbj_rep.html

JAXA 航空イノベーションチャレンジ 「JAXA航空イノベーションチャレンジ 2020 powered by DBJ」は、日本の航空宇宙分野の研究開発の中核機関として、航空産業の発展に向けたイノベーションを推進するため、産業界や大学等との連携を促進する宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、その活動の一環として、世界の航空輸送や航空利用にイノベーションをもたらし、日本の航空産業の競争力強化につながる新たな技術やアイディアを、航空分野のみならず異分野からも広く求めて2020年6月10日から7月17日まで公募を実施したものです。

2020年度は、「JAXA航空イノベーションチャレンジ2020 powered by DBJ」として、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)の協力のもと、製品/サービスのコンセプト作りや事業計画検討など、社会実装に向けたサポートを強化し、日本の航空産業・航空技術の競争力強化につながる新たな技術やアイディアの実現を目指しており、今回はフィージビリティスタディへ進む18件が採択され、エアロネクストの調査案件もそのうちの1件として選定されました。

今回の採択は、日本の航空産業の競争力強化や航空利用につながるイノベーションを起こすアイディアであることはもちろん、アイディアの新規性、革新性等の魅力や社会インパクト、さらに具体的な内容、スケジュール、費用や将来の事業化・実用化の可能性等のフィージビリティスタディの実行性に関する厳正なる審査の結果です。

エアロネクストは、機体重心を最適化することで、産業用ドローンの基本性能を向上させる構造設計技術4D GRAVITY®︎を産業用ドローンに標準搭載するため強固な特許ポートフォリオを構成し、4D GRAVITY®︎ライセンスに基づくパートナーシップ型のプラットフォームビジネスをグローバルに推進しています。

エアロネクストは引き続き、様々な活動を通して、空が社会インフラとなり、経済化されて、ドローンで社会課題を解決する世界を生み出すために、テクノロジーで寄与してまいります。

【JAXA航空イノベーションチャレンジ」とは】
日本の航空宇宙分野の研究開発の中核機関として、航空産業の発展に向けたイノベーションを推進するため、産業界や大学等との連携を促進しているJAXAが、その活動の一環として世界の航空輸送や航空利用にイノベーションをもたらし、日本の航空産業の競争力強化につながる新たな技術やアイディアを、航空分野のみならず異分野からも広く求め2016年度から公募を実施するもの。本2020年度は、「JAXA航空イノベーションチャレンジ2020 powered by DBJ」として、2018年度に引き続き株式会社日本政策投資銀行(DBJ)の協力のもと、製品/サービスのコンセプト作りや事業計画検討など、社会実装に向けたサポートを強化し、日本の航空産業・航空技術の競争力強化につながる新たな技術やアイディアの実現を目指している。
*詳しくは http://www.aero.jaxa.jp/public-invitation/challenge/をご覧下さい。

最新記事

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930